サイバー/フィジカル
融合促進事業とは

About

ネットワークデバイスの有効活用で
生活をもっと豊かに。

昨今、多種多様なIoT家電や機器が登場し始めているが、これらが収集する生活データをうまく活用し、個人の特性に応じてきめ細かくカスタマイズすることで社会課題の解決にも寄与するような高付加価値なサービス等が提供でき、生活をより豊かにできる可能性がある。

悩 み

健康・生活支援

  • 両親の浴室事故を防ぎたい
  • 孤独死が怖い
  • 日々の体調管理ができない
    (服薬確認含む)
  • スーパーまでの移動手段がない

家事

  • 買い物に行くのが面倒
  • 炊事・洗濯・掃除の時間がない
  • 宅配便を受け取る時間がない

子育て

  • 遠隔での帰宅確認
  • 保育園・学校での状況把握
  • 塾へ行かせたいけど高い
データ連携・サービス提供 データ連携・サービス提供
提供可能な解決策

健康・生活支援

  • 浴室見守りソリューション
  • 家族・地域とのコミュニケーション
  • 家電のモニタリングによる状態検知
    (異常検知、アラート等 含む)
  • デマンド交通ソリューション

家事

  • 献立提案・ネット宅配サービス
  • 家事代行サービス、
    家電の遠隔制御 等
  • IoT宅配
    (不在宅配 + スマートロック)

子育て

  • 入退室見守りソリューション
  • ICT機器を活用した情報共有
  • オンライン学習サービス

しかしながら、複数の家電等のデータが相互に十分には連携できない等の原因により、これらの実現が困難な状況にある。
また、消費者におけるプライバシーの懸念やデジタルリテラシーの不足といった要因も働き、実際にネットワークに接続
されている家電等は極めて限定的となっている。

本事業は、経済産業省の支援のもと複数の機器から得られる消費者の生活データを分析し、複数のサービス事業者に
提供する機能を担うプラットフォームと連携したサービスの利用契約を行った消費者に対しインセンティブを付与し、
状況を打破することを目標としている。

PAGE TOP